タイ 軍事力 タイ王国軍 徴兵制度

キービジュアル

タイ 軍事力 タイ王国軍 徴兵制度

首相は、王に雇用されます。私が差し迫った必要が王の命令の下にあると認めるとき
首相はキャビネットと州の政策委員会の承認に基づくあらゆる命令を発表することができるように
なります。
国防総省は、軍政として置かれます。
そのうえ、2004年(しかし、ベテランは一般人であると考えられます)現在、国防大臣は
一般人だけになることができます。
国防総省の側近は大臣事務局を含めます。
そして、関連した独立したエンジンは軍団(軍団)を含みます。

国防総省の内部は大いに別れさせます。そして、事務次官室があります。
そして、タイ王国は最高司令部を強制します。
金融、軍事法廷、いろいろな公社の経営、Household部隊のような統一は、事務次官室で行われます。
最高司令部、人事、情報、教育で、戦略を含む本当の任務は、遂行されます。
そして、軍、海軍、また、空軍はこれらのサブシステムです。
それを本当に置いたことは、まして最高司令部です。
そして、力を持つこと、そして、軍(海軍)です。空軍と軍の勢力の本部は、スケールから主に強いです。

徴兵制度ってタイにもあったんですね。
韓国だけかと思っていましたが…
日本はなくてよかったですね。
日本でもしも、実行されたら国民はどうするんでしょうねw
copyright(C)軍事力・オブ・タイ